ニュース | News

2022

Award,News

2022.01.13

「ビレッジプラザ・ウッドリターン・アイデアコンペティション2021」にて奨励賞をいただきました

公益社団法人 国際観光施設協会が開催した「ビレッジプラザ・ウッドリターン・アイデアコンペティション2021」において、弊社より応募した2案が奨励賞をいただきました。

コンペ概要・入選作品掲載ページ https://www.kankou-fa.jp/info/show?id=1154

 
■里山レガシーゲート 尾崎玲菜
<コンセプト>
観光とは、国の光を観ること。
日本が世界に誇る光の一つに、森がある。
森を手入れし再生させることは、循環再生型経済の復活に繋がる。
その象徴として、東京2020オリンピックに参加し戻ってきた木を活用し、里山に「レガシーゲート」を建設する。
2020年度入学の地元の高校生が、1クラスにつき1つのゲートを制作・所有し、定期的にメンテナンスを行うことで、森とともに60年間保持する仕組みを作る。

 
■TriTube2020(トライチューブ2020)星川正考/前田清貴/佐伯瑞恵/小林智恵子/松岡成美/尾崎玲菜
<コンセプト>
オリンピックレガシーを「スポーツの祭典」や「後世への継承」と捉え、子供たちに向けた遊具という形で母材の新たな活用方法を提案する。遊びを通じて体を動かし、様々な感覚を体験できる場を提供する。
「東京オリンピック・パラリンピック2020」は「コロナ禍」と切っても切り離せないものとして、人々の記憶に残るだろう。コロナ禍で大きなダメージを受けた観光分野の回復の一助としても、この遊具が役立つことを期待する。

 

写真上:里山レガシーゲート 写真下:TriTube2020(トライチューブ2020)