ニュース | News

News

2014.09.09

KKS INTERNATIONAL CO., LTD.及びKKS DALIAN Office移転のお知らせ

この度、KKS INTERNATIONAL CO., LTD.及びKKS DALIAN Officeが移転致しました。
詳細は以下の通りです。

■KKS INTERNATIONAL CO., LTD.
住所: Unit 1504, 68 Yee Wo Street, Causeway Bay, Hong Kong
電話番号: (852) 2573-0820
Fax番号: (852) 2573-1028
E-mail: kksint@kks.com.hk

■KKS DALIAN Office
住所: Room 2702-B World Trade Center,No.25 Tongxing Street,Zhongshan District,Dalian,China
電話番号: 0411-82529896
Fax番号: 0411-82520397

Award,News

2014.05.15

中国山東省曲阜に建設された「シャングリ・ラ ホテル 曲阜」が、米「ホスピタリティー・デザイン」誌主催の「ホスピタリティー・デザイン・アワード2014年」ラグジュアリー・アップスケール部門 空間デザイン賞を受賞いたしました。

曲阜市は、山東省の省都・済南市の南に位置し、孔子の生誕地、また、儒教発祥の地として有名な都市です。

当ホテルは市の中心部に位置し、480室の客室、1,600m2の宴会場を持つ5スタークラスのホテルです。

市内には、孔廟、孔府などの歴史的建築物が点在し、その周辺建築物もそれらと調和したスタイルとなっており、全体として中国の伝統的デザインで統一された都市景観となっています。

当ホテルも同様に周辺との調和の取れた設計とすべきと考えられました。それにはホテルという大規模建築物を街並みのスケールにどう合わせていくかが重要なポイントとなりました。また、建築の表現について単にその伝統的デザインを模倣するのではなく、5スタークラスのホテルというグレード感を示しつつ、伝統的要素を取り込みながら、モダンデザインとどのように融合させるかという事に注意を払いました。

 

概要

シャングリ・ラ ホテル 曲阜 / Shangri-La Hotel, Qufu

所在地    中国 曲阜

敷地面積 50,493㎡

延床面積  80,139㎡

階数        地上17階 / 地下2階

客室数     480室

主用途     ホテル 孔子研究院

竣工        2013年

 

建築デザイン             : 株式会社観光企画設計社

現地協力事務所       : 青島騰遠設計事務所有限公司

インテリアデザイン    : AB concept (Hong Kong)

ホテルオペレーター : Shangri-La Hotels & Resorts

News

2014.05.01

『大阪マリオット都ホテル』が竣工しました。

3月7日大阪マリオット都ホテルがオープンしました。

阿倍野は、商都大阪の中心に位置し、また日本を代表する観光地奈良・京都に近く、さらに関西空港からも近距離でビジネスを目的としたお客様はもちろんのこと、観光のお客さまにとって、アクセス至便な場所であります。

また、近くには聖徳太子建立の四天王寺があったため、古くから我が国の最先端の大陸文化の流行発信地として、多くの遣隋使や学僧・学者たちが往来するシルクロード(絹の道)の最終地点でもありました。

 

この様な背景から、ホテルの全体の設計は、古くから異文化とのインターセクション(交差点)として重要な場所であった阿倍野に相応しいホテルのデザインを目指しました。
この地域ならではの自然や風土、歴史などを題材とし、和のモチーフでしつらえ、近畿日本鉄道の沿線にある自然の風景、伊勢に古くから伝わる着物の文様に使われた伊勢型紙の図柄を想起させるデザインを随所に取り入れています。

肩肘張らず趣味が良く、さりげなく行き届いた粋(すい)の趣を都ホテルの客室コンセプトとしました。

Award

2013.10.25

東急キャピトルタワー(ザ・キャピトルホテル東急)、国土交通大臣賞を受賞

東急キャピトルタワー(ザ・キャピトルホテル東急)が
第12回 屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール(平成25年)にて
国土交通大臣賞を受賞しました。

News

2013.10.21

ダブルツリー・バイ・ヒルトン莆田

莆田市政府に面する敷地に曲線と直線を取り入れた高層ホテル棟及び住宅棟の2棟のタワーを一体的にデザインした。
曲線を用いる事によってホテル棟の客室からは美しい公園を見渡す事ができ、住宅棟は陽当たりが良く、かつ公園の眺望を意識した住戸を実現している。
2棟の半円状のタワーは、曲面による柔らかさ、軽快さと直面による緊張感を合わせて表現している。
また、今後の莆田市の大きな発展、飛躍の象徴として扇状の末広がりの形状を合わせて表現することで敷地周辺に躍動感を与えている。
夜はライトアップすることによりこの地域のシンボルタワー的存在となる。

1 2 3